せどり実践記6 新書、文庫本に手を出す - 元手は3万円から稼げる!せどりで独立開業したフリけんのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せどり実践記6 新書、文庫本に手を出す

こんにちは、フリけんです。



今回は前回の反省をもとに小さな本で利益の出る本を狙ってみようと思いました。
やっぱり辞書系は検索が楽な代わりに、発送コストがかかるもんね。



そこで今までスルーしていた新書、文庫系の棚を検索してみることにしました。
で、結論からですが、全然出てこない。



ビジネス、心理学などの単行本コーナーと同じ感覚で新書、文庫本を検索してみると
泣きをみますね。まったく出てこない。。。
しかも本のサイズが小さい分、棚にビッチリ並んでいるため、
1列検索するのにものすごい時間がかかります。多分単行本コーナーの倍の数ですね。



それでいてHITしたのは1冊とか0冊とか。




んーでもせっかくだからやってみようということで1日中検索してみましたけど。
僕の場合、一度決めたことはとりあえずやってみたいんですね。


で、1日の結果が
昼から19:00くらいで12冊でした。
というか僕のツール1日で1000スキャンしかできないんですよね・・・



まあ無料だから仕方がないか。
でも文庫本は売れる本を見つけたら次が早いですね。
特に幻冬舎という出版社は目立つので棚を見やすいですね。



文庫コーナーに行ったらすぐに見てしまいます。



でも最近すこしずつ仕入れるコーナーのジャンルが増えてきました。
やっぱり経験値がものをいうんでしょうね。


↓↓↓応援よろしくお願いします☆

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://1052644.blog.fc2.com/tb.php/14-c580daea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。