せどり新規参入の僕がガンガン商品を仕入れることができた理由 - 元手は3万円から稼げる!せどりで独立開業したフリけんのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せどり新規参入の僕がガンガン商品を仕入れることができた理由

こんにちは、フリけんです。


再度確認ですが、このメルマガの目的は、


・せどりの仕入れジャンルを覚えていただき、

・元手3万円で各ジャンルから効率良く商品を仕入れて、

・初報酬をすぐに手に入れていただき、

・少ない資金からでもせどりで稼げる力を


あなたに身につけていただくためです。

それではせどりライフ向上に向けて走り出していきましょう^^

ブログにも色々書いてあるので見に来てくださいね。
↓↓↓
http://ameblo.jp/freekenone/



そもそもビジネスで稼ぐことはどういうことか?

これについて少しお話しておきましょう。


せどりも当然真っ当なビジネスです。

自分の店舗(本屋)がネット上になるだけで、
本質は古本屋やリサイクルショップと変わりません。



ビジネスとはあなたが提供する価値とお金の交換です。

「これあげるから、あなたのお金をくれ」

というやりとりがビジネスの本質ですよね。

すべての商売がそうです。



あなたが提供するものに、
お金を払ってもいいと思う人たちがいるからこそ、
あなたはお金を稼ぐことができるのです。

お客さんにとって何も価値を提供せずにお金だけもらおうとするのは詐欺と一緒です。

さらに言えば嘘をつき人に迷惑をかけながら稼ごうとする人は更にタチが悪い。

あなたはそんな販売者になりたくないですよね?



これからあなたにやっていただくことは、
せどりと呼ばれるものです。

本の「背」を見て商品を取るというところから
せどりと呼ばれているみたいですが、
実はせどりは大昔から古本業界ではあるようです。


本屋が仕入れてきてほしい本を業者に頼み、手数料を払うという方法が
昔からあるみたいです。

まあ、今はシンプルにブックオフで買ってきてアマゾンで売る
と覚えておけばそれでいいでしょうね。



前回の記事で僕はせどりは
キャッシュフローが良いビジネスであると書きました。

これは僕たちせどりをする側のメリットになりますが、
実はせどりというビジネスはしっかりと社会に貢献している活動です。

エンドユーザー(購入者)やクライアント(ブックオフやアマゾン)
にもしっかりと貢献しています。



まずブックオフ。
もし仮に世の中からせどりをやる人が居なくなったら、
間違いなくブックオフは不良在庫が増えて利益率が下がるでしょう。

一般の人で古本屋で本やCDをカゴにゴッサリ入れる人はそうそう見かけないですよね?


次にアマゾン。
これも同じで、こういうせどりがなければアマゾンの在庫はあんなに増えません。
アマゾンは仕入れる人間が必要ないんです。

せどりや中古品を売りたいという人が世の中には多くいるためです。



何が言いたいかというと、
せどりを始めた人がブックオフで本を検索したりするのが恥ずかしい、
なんか他の人に見られたらどう思われているんだろう?
と気になる人もいるようですが、気にする必要はありません。


まず、店員はそんなに気にしていません。
お客さんも対して気にしていません。



やってみたらわかります。
それにブックオフにしたら僕らはお客さんなわけで、
お金を払って本を買っているだけです。

周りのお客さんも同じくお金を払って本を買います。


ただ目的が違うだけです。


お客さんは読むために本を買います。
せどりは売るために本を買います。
この目的はたしかにお客さんとせどりは違いますよね。



ただし、せどりはその買った本をネットて転売し、
その本を読みたいと思う人に売っているのです。

読みたい本があっても本屋にはもう売っていない。
探しに行く時間もあまりない。


そんな人達のためにせどりは活動して利益を得ています。



ちゃんと社会貢献になっているんですよね。
だから、店舗でカゴに商品をたくさん入れて歩くことも、
携帯で商品を検索することも、何も後ろめたく思う必要はありません。

自身を持ってください。



これが出来なければせどりは話になりません。
僕がこれからどんな情報やノウハウを発信していこうとも、
商品の検索が出来なければ、せどりで稼ぐことは難しいです。


できないこともないとは思いますが、
今の時代、せっかく優秀なツールがあるのですから、
効率良く仕入れ作業を行っていきましょう。



まあすこし抽象的な話になりましたが、本質を理解しておくことも大事です。

心に留めておいてください。
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://1052644.blog.fc2.com/tb.php/5-ec7b3cba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。